« ナンカ変だよ、この人ら、、、 | トップページ | ナンカ変だよ、この人ら、、、3  情けないけど、笑った話。 »

2006年8月12日 (土)

ナンカ変だよ、この人ら、、、2  人には勝ち負けが、あるらしい??

先日、ガーデン・パーティーでの話を書きましたが、今日はその続きみたいなもんです。。。それは、、、

そのパーティーの日本人、日本人妻の間で、ひしひしと私の肌に伝わって来たのは、彼女らは言葉の使い分けの違いで 日本人達を区別しているみたいな事! 

まず私自身がすぐ判った違いは、その日本人妻達は学生を見下していると言う事。 どうしてなのかは謎ですが、学生の事を小馬鹿にしている様子。 うちらイギリスの大学生が、日本の大学生と同じ様な生活をしていると錯覚してるんだろうか? 一人の奥様は「大学生なんて、楽でいいでしょうね。。。」等と、のたまっていた!! 大学生は、楽じゃないぞ!!!

それから他に気が付いたのは、彼女らにとってイギリス人の旦那が居る事自体が、他の独身日本人より勝っているらしいと言う事! で、、、勝ち組(??)の中では、もちろん(!?)イギリス生活が長い奥様が上下関係ではに来て、その中でも子供が居る人がその上だって事。 マジで馬鹿ですな、この人ら。。。完全にアホラシイ話です、ホント。。。。

で、、、その日本人妻基準(勝手に名づけてみました・笑)では、私は、、、1.学生、2.独身、3.子供なし って事で、完全負け組って事になりますな(爆笑)!! 

まあ、いいでしょ。 日本人妻達に、言いたい放題言わせてあげましょうよ! 大体、そんな了見の狭い彼女達に何が出来るって言うのか、大変に疑問ですな。。。

注・ この記事は私のひとりごとであって、全ての日本人妻が同じと言っている訳ではありません。

|

« ナンカ変だよ、この人ら、、、 | トップページ | ナンカ変だよ、この人ら、、、3  情けないけど、笑った話。 »

コメント

こんにちは。

まさよさんのおっしゃっていること、そしてお気持ち、大変よくわかります。というのは、僕も同様な考え方をお持ちの方々にお会いしたことがあるからです。
でも、そういう人々との出会いはとても貴重だと思うのです。自分と価値観&考え方の違う人との交流は、たまに摩擦を生じさせますが、接し方&捉え方次第で大変有益なものになると個人的には感じています。(僕の場合、そういう方々のおかげで自分の見識が深まったと思っています。)
これからも、肩の力を抜いて、いろんな人々と接していかれることをお勧めします(※独り言に対して、生意気なこと申してスミマセン)。

投稿: onigiri15 | 2006年8月13日 (日) 15時56分

そうだね~。
日本人妻はなんだか凄い人が多いねぇ。

僕はイギリスに住んでいて、英語も喋れず、イギリス文化も知らず、友達も居なくて、幸せだと思い込んでいるものの、夫に飽きられて離婚して捨てられて日本に出戻る運命にある大半の日本人妻たちに少しは同情するんですけど、

英語が全く話せないのは勘弁して欲しいwww

投稿: ラファエル | 2006年8月14日 (月) 10時37分

Onigiri15さん>コメント頂き、ありがとうございます。Onigiriさんは、きっと心の広い方なんでしょうねと思いましたよ。。。 

私は以前は(もう5年以上前くらいですが)、同じ日本人同士として上手くやって行こう等と思っていた心の広い時期も有りましたが(笑)、、、自分自身が疲れるし、自分の意見を殺してまで荒波を立てる事無く、みんなと仲良くやって行こうとする様な事は辞めました!

私は自分の個性が強すぎても、それは私自身なのだから、彼女達のように言いたい事があっても何も言わない、そしてそれが美徳であるかのようにイギリスで暮らすのはまっぴらだと思ってます。

でもきっと日本人妻のなかには、解っていながらも変えられない、英語環境に慣れるだけで精一杯でストレスを溜めている方達もいると思うので全員が頭に来ると言っている訳では無いですよ(一応・笑)。。。

投稿: まさよ | 2006年8月15日 (火) 01時40分

ラファエルくん>ラファエルくんも、心が広いね。。。同情する(!)なんて、えらいよ!

彼女達、イギリス人と一緒になったって事だけでしか、自分を自慢出来ないんじゃあないかなぁ。。。っていう風に見える時が良くあるよ(ゴメン、ちょっとキツ過ぎた?)。でも、よーするに彼女ら自分に全然自信が無いんだよね、きっと。。。

まあ、いきなり英語もままならないで結婚して、そんな余裕も無いのかも知れないけどね? それにしても旦那と会話も成り立たないで、良く結婚できるよね。。。私には全く理解できないっす。。。

投稿: まさよ | 2006年8月15日 (火) 01時52分

初めまして。私は日本人で夫は英国人です。夫とは日本で知り合い夫婦の会話は8割日本語です。
今回、夫の仕事が北イングランドへ移転となり、英語の苦手な私は、現在手遅れながら英語の勉強&リサーチの日々です。
このコメントを読み、とても考えさせられます。
というのは、私の感覚ではイギリスにいる日本人の方たちで(表現は良くないと思いますが)一番上と思われるのは学生さんであり一番下が私のような英語が話せない日本人妻であり全く逆だったからです。

日本人の学生さん達は、きっと語学も堪能でしょうし、異国でも自分の力で生活し勉強しているのでとても尊敬してます。
一方私のような英語もろくに話せない日本人妻は、イギリスに住みながらも夫の手助けなしではろくに生活もできず、仕事にもつけず、本当に情けないと思います。

私たちには子供がおりませんので、まず渡英したら英語の勉強のためにカレッジに行きたいと思っています。そしてある程度の英語のレベルに達したら、職業訓練のコースへ行きたいと思っています。
英語の上達には最低3年はかかると思いますが、友達もできず英語もできずに専業主婦になるなんてすごく嫌なので、厳しいとは思いますが頑張ろうと思っています。

しかしこんな甘っちょろい私は、きっと地元の日本人社会には受け入れられない、または馬鹿にされるのでしょうか。
どのようにすれば、うまくお付き合いできるのでしょうか。

うわべのお付き合いのブログではなく、このようにストレートに実態を教えていただいたこと、とても感謝します。

投稿: miki | 2006年8月19日 (土) 14時40分

Mikiさん>そんなに深く考え込まないで下さい! Mikiさんは、とても良い人なんですから。。。

私がこの記事を書く際に注意書きしたように、私は全てのイギリスに住む日本人妻を悪く言っている訳では無いんですよ!! 

私自身日本人ですが、日本に居るより海外に住んでいる記憶の方が長い日本人女性にとって(イギリスは14年目、その前はオーストラリアに2年いました)、最近 日本人のイギリス人と結婚している方で私の近くに住んでいる人によって、何だか私自身が何人であるか解らなくなっていただけの話なのです!

Mikiさんが、私はとてもうらやましいですよ! 日本語を8割型でも解って下さる旦那様が居るなんて!? 私はイギリス人の彼氏が居ますが、日本語は全く解らず100%英語での会話です。。。

自分を否定、ダメだと思うのは、やめましょうよ! 私はMikiさんが、ステキな旦那様と共に頑張って行ける人だと思いますよ!! 

もし何か少しでも、私が力になれる様でしたら いつでも連絡ください!! お互いイギリスで、力強くいきましょう!

投稿: まさよ | 2006年8月20日 (日) 03時17分

まさよさん、レスありがとうございます。
今、渡英前で少し神経質だったかもしれません。あたたかいメッセージありがとうございました。
私はどちらかというと主婦グループに入るのが苦手なのです。私が住む予定のヨークから車で1時間ほど?の大きな町(まさよさんにはおそらく予想がつく町です)には、ブログなどからたくさんの国際結婚の主婦ネットワークがあるように見受けました。とても優雅な暮らしをしているようで、私にはついていけなそうです。
それよりも私は学生さんがどんな風に生活しているのか、どんな勉強をしているのか、そっちの方が興味があります。年齢も違いますし、知り合うきっかけは少ないかもしれませんが、出会いを大切にしたいです。
主人とは8割日本語で会話しています。あとの2割は単語のみ英語で文法は日本語です。もし日本語を話せない人だったら結婚してなかったと思います。意思の疎通がとれませんから。(恥)
でも国際結婚カップルで不自由なく英語を使える日本人妻の方々をすごく羨ましく思います。35歳を過ぎて、今から吸収できるのだろうか・・・。
まさよさんは100%英語で理解しあえる彼氏がいるなんて、素敵ですね!!
これからもこちらにお邪魔させてもらいます。よろしくお願いします。

投稿: miki | 2006年8月20日 (日) 03時44分

はじめまして。
ヨークのことを調べていて、こちらへ辿り着きました。

今回の話題、大変興味を持ちました。

いろいろなサイトにて、海外で暮らしていらっしゃる方々の話を拝見すると、日本の「縦社会」や「優劣主義」がそのまま外に持ち出されているのを多々見かけます。
ただ、これはまさよさんが追書されているように、本当に個人差があるわけですし、全体を色眼鏡で見てしまうと、悲しい気持ちにもなってしまいます。

また、自分が感じる事や思いは不思議と相手にも伝わるもので、まさよさんがお書きになっているような状況の中では、そうした目に見えない「渦」が巻いているのかもしれませんね。

日本国内に居ても同じようなこと、あるいはそれ以上にヒドい状況もあるのですから、外だろうが内だろうが、あとは個人の度量や育った環境、価値観に寄るのでしょうね。

また、先にコメントされているmikiさんと同様、私も異国の地で勉強されている学生さん達に対しては「素晴らしいな」という気持があります。また「羨ましいな」という思いもあります。
海外で勉強された方が将来、どのようにしてご自分の国と海外とを結んでくれるのか、ある意味非常に楽しみなことではないですか!そしてその方々がどのようにして人生を謳歌しているのか、これをもっと多くの方々とshareできると、もっと明るく明日を歩けそうな気がします。

海外で暮らすにも、日本で暮らすにも「他と比べてどうなのか…」ではなく、「私の生き方」と「あなたの生き方」は別物であることを前提としなければ、これから先の流動化社会/消費社会(多くの場合物質で競争し合う場合が多いですよね…)を豊かに生きて行く事は難しいと思います。でも双方の素晴らしいところ、刺激となる点などは大いに吸収し合って生きて行きたい…そう思いまさよさんのご意見やその他コメントを書いていらっしゃる方々の言葉を拝見させていただきました。

長くなりましたこと、ご容赦ください。

投稿: ちぽりーな | 2006年8月23日 (水) 12時50分

mikiさん>追ってのレス、ありがとうございます!

>私はどちらかというと主婦グループに入るのが苦手なのです。

私もですよ! 日本でも合う人、合わない人がいる様に、イギリスでも同じでその人が嫌だから付き合わないとかって難しいです。だから決して私はその人達を避けるつもりは無いのです。でもね、その中でも自分の個性を出して行けばいいじゃあないですか!

>とても優雅な暮らしをしているようで、私にはついていけなそうです。

私の周りでは、そんな優雅な暮らしをしてる国際結婚カップルはいませんよ!そう、見えるだけですよ!

>でも国際結婚カップルで不自由なく英語を使える日本人妻の方々をすごく羨ましく思います。

私の周りの国際結婚カップルは、わたしの前のレスを見て貰えば判ると思いますが、、、見ている限り、旦那様とのコミュニケーションが上手く取れているとは全く思えません。

>35歳を過ぎて、今から吸収できるのだろうか・・・。

もちろん、出来ますよ!! 自信を持ってください! 私自身、実際若いとは言えません(30歳半ば近くです)が、今(未だに?)大学生ですよ! 自分自身がやり遂げたい、エンジョイしてやれば、何でも可能じゃないでしょうか? 

>まさよさんは100%英語で理解しあえる彼氏がいるなんて、素敵ですね!!

100%解るなんて。。。そんな事は、ありませんよ! 私はネイティヴ・スピーカーじゃ無いし、、、でも、それは仕様が無い事です、やはり日本人な訳ですしね。。。自分が毎日自分らしく生きる事が出来れば、それで良いって思いますよ!

そんな訳で、、、かなり長くなってしまいましたが、とにかくお互いに頑張りましょう!

 

投稿: まさよ | 2006年8月23日 (水) 17時50分

ちぽりーなさん>私の他愛も無い独り言に真剣にコメント頂いて、大変、恐縮です。 ありがとうございます!

ちぽりーなさんがおっしゃる様に、イギリスの日本人社会はあんまり日本の今の社会と変わらないのか(?)と思います。 ただ人数が少ない分、日本の悪い部分が凝縮されて見えてしまうという所が、あるような気がします。

>海外で暮らすにも、日本で暮らすにも「他と比べてどうなのか…」ではなく、「私の生き方」と「あなたの生き方」は別物であることを前提としなければ、これから先の流動化社会/消費社会(多くの場合物質で競争し合う場合が多いですよね…)を豊かに生きて行く事は難しいと思います。

全く、その通りだとおもいます! 日本の「前へ、ならえ」的な文化だと、いつも他の人の事を気にしていなければいけない訳で、、、

我がままに生きろとは言わないけれど、「自分はどう思うのか?」「自分はどう生きるのか?」など、、、たまには自分自身の事を考えたっていいんじゃないのか?と周りにいる日本人を見ると思う事があります。

すいません、かなり偏った意見になってしまったかも。。。

投稿: まさよ | 2006年8月23日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111551/3039376

この記事へのトラックバック一覧です: ナンカ変だよ、この人ら、、、2  人には勝ち負けが、あるらしい??:

« ナンカ変だよ、この人ら、、、 | トップページ | ナンカ変だよ、この人ら、、、3  情けないけど、笑った話。 »